刀剣

TOP > 刀剣

拵え 刀

価格 9万5千円

販売中

商品番号
s0087
商品名
拵え 刀
種別
拵え
全長
約83.5cm
鞘長さ
約64.1cm
柄長さ
約19.5cm
時代
江戸時代

見所

 

 

 

 

 

元幅3cm、先幅1.8cm、反り0.7cm、刃長59.1cm(1尺9寸5分)程度の刀が入ります。

状態は極めて良好です。

鍔は赤銅、柄の金具は、松、折り鶴、扇の図です。

刀身は竹光です。

海軍太刀型軍刀 超美品

価格 33万円

売約済

商品番号
s0086

商品名

海軍太刀型軍刀

登録

新潟県 第057329号 昭和60年10月14日
種別

銘文 表

 

越後国上村貞清造之

於北陸日本刀鍛錬所湯沢一

銘文 裏

 

宮口一貫齋壽廣

皇紀二千六百一年一月吉日

刀長
66.1cm(2尺1寸8分)
反り
1.9cm
目釘穴
1個

鑑定書

なし

海軍軍刀太刀拵え

時代
昭和

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 製作当時のままの状態といえるほどの完品、超美品です。

2 圣代刀匠位列一覧では、上村貞清は、貴品の列、最上大業、横綱格の刀匠とされています。宮口壽廣はその上位の、神品の列、最上大業、取締役格です。この位列の中の何人かは、戦後、刀匠として人間国宝となっています。

3 宮口壽廣は、靖国刀匠としては、宮口靖廣という刀匠名です。

4 縁や切羽すべてに、No730の刻印が打刻されており、貴重です。

5 柄口には、特別至急□□前巻と朱書きされ、No730の印と11/11の日付が記されており、日米開戦の直前に、至急依頼したことが分かります。至急の依頼のためか、意図的にしたのか、駐爪のないタイプの軍刀です。

6 この軍刀の完成は、昭和16年(皇紀2,601年)12月8日の日米開戦に間に合わず、注文者はこの軍刀を佩用しないまま出兵されたのか、旧家に大事に保管されていたようです。

7 研磨済みであり、手のかからない一刀です。

拵え 海軍 軍刀

価格 19万円

売約済

商品番号
s0083
商品名
拵え 海軍 軍刀
種別
拵え
全長
約101cm
鞘長さ
約74.5cm

模擬刀

刀長さ

約71.8cm

 

見所

 

 

 

特注の拵えです。差し表の鮫ツブは類の見ないものです。

元海軍中将が所持していた拵えです。

刀身は模擬刀です。

兜割

価格 6万円

売約済

商品番号
s0082
商品名
兜割
拵え全長
約55.5cm
中身
約49.3cm
柄長
約10.7cm
鑑定書
なし
時代
 

見所

 

 

 

 

銘 棟方 ?多門兵衛正成 (?は橘か)

銘 柄横 五郎入道正宗造

銘 柄横 ○○元年一月○日

時代を感じる兜割です。拵えも付属し、希少珍品奉仕品です。

刀 石堂

価格 60万千円

販売中

商品番号
s0080

商品名

刀 石堂

登録

兵庫県 第57639号 平成20年9月19日
種別
銘文
無銘
刀長
71.5cm(2尺3寸4分)
反り
1.4cm
目釘穴
2個

鑑定書

あり

拵えなし、白鞘つき

時代
江戸

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刀は江戸時代の作ですが、古作、一文字を写した刃紋です。

石堂一派は一文字写しを得意としていますが、この刀はまさに書伝の通りで、珍しい刃紋です。

刀長さは2尺3寸4分強あり、高級居合刀として最適です。

はばきは金着二重で、できの良いものです。

白鞘は、トラフといわれる模様で、貴重な鞘です。

刀 伝備前清光

拵 陸軍九八式軍刀

価格 23万千円

売約済

商品番号
s0078

商品名

 

刀 伝備前清光

拵 陸軍九八式軍刀

登録

秋田県 第31078号 平成22年3月10日
種別
銘文
無銘
刀長
69.4cm(2尺2寸9分)
反り
1.7cm
先幅
2.0cm
刀身重量
700g
生ぶ
目釘穴
2個
刃文
直刀

鑑定書

なし

 

陸軍九八式軍刀

白鞘なし

時代
室町時代

見所

 

 

 

 

 

 

刀は無銘ながら伝備前清光と云われております。鑑定が楽しみの一刀です。研ぎ仕上げ済みです。

鞘に一か所凹みがあります。

鍔は初期型の透かし鍔です。

鍔、切羽8枚とも、No.1612の揃い番号です。

刀 亮信

拵 陸軍三式軍刀

価格 21万千円

売約済

商品番号
s0077

商品名

 

刀 亮信

拵 陸軍三式軍刀

登録

茨城県 第15971号 昭和88年10月2日
種別
銘文
表「濃州住亮信」 裏「昭和十八年八月」
刀長
67.8cm(2尺2寸3分7厘)
反り
1.8cm
元幅
3.1cm
先幅
2.4cm
刀身重量
808g
生ぶ
目釘穴
2個
刃文
丁字

鑑定書

なし

 

昭和18年制定 通称陸軍三式軍刀

白鞘なし

時代
昭和

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鞘の差裏に数ケ所剥がれがありますが、全般的に良好な状態の拵えです。

亮信刀匠は、昭和16年新作日本刀展覧会において、第2席(準國工)に選ばれし刀工です。

新作刀日本刀展覧は、第1席(國工)、第2席(準國工)、第3席(優秀)、第4席(佳作)、第5席(新進)という位列で序列されます。

準國工には、昭和の名人であり、生存していれば、人間国宝まちがいなしと云われた、塚本起正や吉原国展も同席です。

刀の出来を見ますと、なるほどと感心いたします。

目釘について、二つ共ねじ式目釘は欠落しています。竹目釘一つが付属します。

脇差 兼吉

価格 19万円

販売中

商品番号
s0075
商品名
脇差 兼吉

登録

熊本県 第43546号 昭和59年5月17日
種別
脇差
銘文
兼吉
刀長
30.2cm
反り
0.6cm
はばき
銀の二重
生ぶ
目釘穴
1個
刃文
すその広い互の目

鑑定書

なし
拵えなし、白鞘あり
時代
室町時代

見所

 

 

 

鵜の首造りの寸延び短刀です。

美濃国の兼吉と思われる好脇差です。

鑑定が楽しみです。研磨済みで手のかからない一刀です。

脇差 村正

価格 14万円

売約済

商品番号
s0074
商品名
脇差 村正

登録

福島県 第28443号 昭和41年10月25日
種別
脇差
銘文
村正
刀長
40.6cm
反り
0.8cm
はばき
銀一重
生ぶ
目釘穴
1個
刃文
互の目 尖り刃 映り 砂流し

鑑定書

なし
拵えなし、白鞘あり
時代
室町時代

見所

 

 

 

生ぶ茎で、刃文も多様でおもしろい脇差です。

鑑定に出しておりませんが、研磨済みで楽しみの一刀です。

脇差 無銘 菖蒲造り

価格 9万円

売約済

商品番号
s0073
商品名
脇差 無銘 菖蒲造り

登録

東京都 第245808号 昭和63年8月11日
種別
脇差
銘文
無銘
刀長
37.4cm
反り
0.7cm
はばき
銀着せ
生ぶ茎
目釘穴
1個
刃文
互の目

鑑定書

なし
拵えなし、白鞘あり
時代
室町時代

見所

 

 

菖蒲造りです。

美濃の古刀と鑑せられる良脇差です。

研磨済みで手のかからない御刀です。

短刀 一作造

価格 23万円

売約済

商品番号
s0067
商品名
短刀 一作造

登録

東京都 第189058号 昭和49年9月10交付
種別
短刀
銘文
無名
全長
28.3cm
反り
0.5cm
目釘穴
1個

鑑定書

なし
時代
江戸

見所

 

 

研磨済みで、手のかからない短刀です。

小刀に粟田口一竿子忠綱の銘が刻まれています。小刀も研磨済みです。

鍔 南蛮

価格 7万円

販売中

商品番号
s0026
商品名
鍔 南蛮
種別
7.2cm
6.8cm
時代
江戸時代

見所

 

赤銅地で龍図です。

損傷も無く完品な状態です。

鍔 鳳凰図

価格 20万円

販売中

商品番号
s0028
商品名
鍔 鳳凰図
種別
7.0cm
6.8cm
時代
江戸時代

見所

老松に鳳凰の図

鍔 木瓜型切羽付き

価格 4万3千円

売約済

商品番号
s0034
商品名
鍔 木瓜型切羽付き
種別
8.7cm
8.15cm
厚さ覆輪
0.40cm
厚さ切羽台
0.30cm
切羽縦
5.8cm
切羽横
5.1cm
時代
江戸時代

見所

 

太刀、大刀にも使用可能です。太刀切羽付きです。

鍔 木瓜型老木に柏の図

価格 6万5千円

販売中

商品番号
s0036
商品名
鍔 木瓜型老木に柏の図
種別
7.7cm
7.3cm
厚さ
0.5cm
時代
江戸時代

見所

 

地金の色が良く、古色あり、大刀に適していると思います。

軍刀拵え 刀緒付き

日本陸軍九八式軍刀

価格 8万9千円

売約済

商品番号
s0005

商品名

 

軍刀拵え 刀緒付き 日本陸軍九八式軍刀
種別
拵え
長さ
103.5cm
つなぎ
朴の木
時代
昭和13年制定(昭和13年~18年頃製作)

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

お値打ち価格に値下げしました。

★9万5千円→8万9千円★是非この機会に

1 鍔は透かし鍔です(初期型だと思われま

 す)。

2 金具類だけでも価値があります。

3 状態は完品に近いです。

4 軍装収集家にお勧めです。

5 尉官用刀緒付きです。

6 猿手は上等品のように思われます。

刀拵え 赤目の変り鞘

価格 7万円

売約済

商品番号
s0006
商品名
刀拵え 赤目の変り鞘
種別
拵え
全長
116cm
時代
昭和

見所

 

 

 

 

 

1 刀身はつなぎです。以前、80cmほどの

 刀が入っていました。

2 これほどの長刀の拵えはなかなか手に

 入りません。

3 床の間の飾りに最適であると思います。

4 金具類は現代物です。

槍 重勝

価格 8万円

売約済

商品番号
s0008
商品名
槍 重勝
登録
山形第32932号 昭和45年12月8日 交付
種別
銘文
重勝
長さ
6寸7厘(18.4cm)
反り
3分3厘(1.0cm)
目釘穴
2個
鑑定書
なし

時代

 

不詳(室町時代中期から末期と推察されます)

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 重勝は、名鑑では室町時代に親子二代

 が掲載されております。

2 刃紋は直刃調のたれです。

3 3m強の樫の柄が付いておりますが、

 配送できないため、槍身だけの提供とな

 ります。

4 来店していただければ、画像で示す

 鞘と柄もお譲りします。

 その際、価格は19万円となります。

5 鞘の片面が黒い理由は、長年、座敷の

 槍掛けにかけておいたため、

 囲炉裏のススが付着したものです。

脇差 無銘

価格 9万円

売約済

商品番号
s0011
商品名
脇差 無銘

登録

山形第19789号 昭和32年11月20日 交付
種別
脇差
銘文
なし
長さ
1尺2寸8分5厘
反り
2分
目釘穴
1個
鑑定書
なし
拵付き、白鞘なし
時代
江戸時代

見所

 

 

 

 

1 未鑑定ですが、新刀の水田国重あたり

 の刀と思われます。

2 鞘は鮫皮使用しています。

3 画面でわかるとおり、刀身に数箇所傷が

 あります。

軍刀拵え 刀緒なし

日本陸軍九八式軍刀

価格 3万円

売約済

商品番号
s0012
商品名
軍刀拵え 刀緒なし 日本陸軍九八式軍刀
種別
拵え
長さ
103.5cm
つなぎ
朴の木
時代
昭和13年制定(昭和13年~18年頃製作)

見所

 

 

 

 

 

1 丸紐猿手(金具音防止用)がついており

 ます。

2 金具類だけでも価値あります。

3 差し裏にへこみあります。ただし、美観を

 損なうほどではありません。

4 軍装収集家にお勧めです。

拵え 梨子地糸巻太刀

(太刀掛けとセット)

価格 15万円

売約済

商品番号
s0013
商品名
拵え 梨子地糸巻太刀(太刀掛けとセット)
種別
拵え、太刀掛け
拵え全長
約92cm
拵え柄長さ
約22cm
拵え鞘長さ
約69.5cm
目釘穴
1個
鑑定書
なし
時代
大正から昭和頃

見所

 

 

 

 

 

 

 

1 金物は唐草模様の様です。

2 鞘は梨子地で金蒔絵の葵紋を表に4個、裏に3個ちらしてあります。

3 太鼓金及びつばも葵紋です。

4 時代は古くはありませんが、床の間などに飾るのには品の良い拵えだと思います。

5 太刀掛けは古いものが付随しておりますので、割安と思います。

旧日本海軍

サーベル型指揮刀

価格 2万9千円

売約済

商品番号
s0014
商品名
旧日本海軍サーベル型指揮刀
種別
指揮刀
全長
約80cm
刀身長さ
約60cm
鞘長さ
約67cm

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

1 旧日本海軍士官用のサーベル型指揮刀です。

2 刀身はステンレスです。刃はありません。

3 黄色の刀緒付きです。

4 吊鐶(ちょうかん)は二つとも健在です。

5 鍔のストッパーは開閉します。

6 軍装マニアにお勧めです。

7 経年による劣化は多少認められます。

刀 関住兼道

価格 33万円

売約済

商品番号
s0015
商品名
刀 関住兼道
登録
岐阜県 第67068号平成4年2月20日 発行
種別
銘文
表「関住兼道」 裏「平成四年正月日」
刃文
のたれ
長さ
2尺3寸2分(70.4cm)
柄長さ
8寸2分(24.9cm)
反り
5分9厘(1.8cm)

重さ

 

 

全重量 1,130g

刀身のみ 570g

振るとき 850g

目釘穴
1個
拵付き、白鞘なし
時代
現在

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 金具類は古いものです。鍔は会津正阿弥、ハバキは銀むし一重(庄内ハバキ)、頭及び縁金具は、奈良利尋です。

2 奈良利尋は、江戸享保の奈良三作の一人として、金工一覧に掲載されている金工師です。

3 鑑賞用としても充分楽しめる一刀です。また、居合刀としても、お使いいただけると思います。

4 通常、現代金具の居合刀が多い中、古い金具でまとめた本刀は、バランスも極めて良く、高級な居合刀として、お勧めの一刀です。

5 現代金具をつけた兼道でも、65万円を超える価格で販売されています。古い金具をつけた当商品はたいへんお値打ち価格となっております。

目貫 鯉図

価格 2万7千円

売約済

商品番号
s0017
商品名
目貫 鯉図
種別
目貫
長さ
4.9cm

見所

彫りがしっかりしております。

鍔 あおり型

価格 4万8千円

売約済

商品番号
s0019
商品名
鍔 あおり型
種別
8.4cm
7.3cm
時代
江戸時代

見所

 

 

金象嵌

経年劣化による若干の金の剥がれも多少ありますが、全体的に状態良好です。

鍔 龍図と狛犬図

価格 2万8千円

売約済

商品番号
s0023
商品名
鍔 龍図と狛犬図
種別
8.2cm
7.9cm
時代
江戸時代

見所

表側に龍図、裏側に狛犬図の意匠です。

拵え 短刀

価格 4万8千円

売約済

商品番号
s0038
商品名
短刀 拵え
種別
拵え
全長
約27cm
時代
江戸時代

見所

 

時代のスレは多少ありますが、楽しめる拵えです。

刀 同田貫正國

価格 17万円

売約済

商品番号
s0044
商品名
刀 同田貫正國

登録

 

新潟県第2465号 昭和26年3月31日 交付
種別
銘文
正國
長さ
2尺1寸2分5厘
反り
4分5厘
目釘穴
1個

鑑定書

なし
白鞘のみ
時代
江戸時代

見所

 

 

 

同田貫正國との口頭鑑定をいただいておりますが、鑑定書は付いておりません。

鑑賞用として、又、高級抜刀用としても適していると思います。

脇差 無銘

(口頭鑑定 美濃国大道)

価格 8万3千円

売約済

商品番号
s0049
商品名
脇差 無銘 口頭鑑定 美濃国大道

登録

秋田県第18786号
種別
脇差
銘文
無銘
長さ
53.6cm
反り
1.9cm
目釘穴
1個

鑑定書

なし
白鞘のみ
時代
末古刀から新刀の頃

見所

 

 

 

美濃国大道と鑑せられます。

研磨済みの手間のかからない一刀です。

多少の鍛え傷やすれはありますが、気にならない程度と思われます。

短刀 脇差 鹿角刀置きセット

価格 20万円

売約済

商品番号
s0055
商品名
短刀 脇差 鹿角刀置きセット

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品番号s0051 短刀 拵付と

商品番号s0053 脇差 肥前国忠吉 拵付と

鹿角刀置きのセットです。

 

商品番号s0051 短刀 拵付

守次とありますが、銘は違うように思います。

研磨済みの手のかからない短刀です。鞘のこい口付近に傷みがあります。

細かい鍛え傷は多少あります。

詳細はこちら

 

商品番号s0053 脇差 肥前国忠吉 拵付

平造りの寸延び短刀です。

拵えは菊図の一作金具の合口拵えで目貫は鶏の親子の図のようです。

ただし、こじりには金具はありません。写真でご確認ください。

はばきは銀着です。

詳細はこちら

 

鹿角の刀置きもお付けします。

3点セットで20万円としました。お買い得です。

刀 大小揃い拵え大刀白鞘付

価格 30万円

売約済

商品番号
s0071
商品名
刀 大小揃い拵え 大刀白鞘付

登録

福島県第57629号 平成4年5月14日
種別
銘文
無銘
大刀全長
72.0cm 2尺3寸7分5厘
反り
2.1cm
目釘穴
1個

鑑定書

なし
拵付き 大刀白鞘付き
時代
江戸時代

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小刀は本身は付属しません。つなぎが入っております。

鍔は大小ともに虎に竹と滝の図です。手入れをすれば良くなると思われます。

拵えの状態は、現状では良いとはいえませんが、手入れをすれば、良くなると思われます。

大小の揃いの拵えは希少です。

刀は研磨済みですので、手間がかからない刀です。

大刀のみ白鞘付きです。

刀 拵付

価格(特別価格) 15万円

売約済

商品番号
s0068
商品名
刀 拵付

登録

京都府第11420号 昭和31年5月8日
種別
銘文
和泉守国貞(草書銘)
全長
1m1cm
刀長
2尺3寸5分 71.2cm
反り
6分 1.8cm
目釘穴
1個

鑑定書

なし
拵付き
時代
江戸時代

見所

 

 

 

 

 

在銘ですが、銘は良くないと思います。

居合用として、最適だと思います。

研磨したところ傷が出てきたため特別価格といたしました。

研磨済みですので手間のかからない刀です。

脇差 無銘(推定 兼常)

価格 9万8千円

売約済

商品番号
s0063
商品名
脇差 無銘(推定 兼常)

登録

宮城県 第41655号 平成22年11月19交付
種別
脇差
銘文
無銘
刀長
52.9cm(1尺7寸4分1厘)
反り
1.7cm
元幅
3.07cm
先幅
2.01cm
目釘穴
1個
生ぶ
刃文
乱刀

鑑定書

なし
拵え付き、白鞘なし
時代
江戸時代

見所

 

茎(なかご)のやすり目が鷹の羽鑢で、関の兼常と思われます。

短刀 助定銘 肌身

価格 3万5千円

売約済

商品番号
s0061
商品名
短刀 助定銘 肌身

登録

福島県 第60533号 平成15年5月15交付
種別
短刀
銘文
助定
全長
33.5cm
刀長
24.3cm
反り
0.2cm
目釘穴
2個

鑑定書

なし
なし
時代
江戸

見所

 

 

 

 

 

 

助定銘の入った短刀です。肌身の状態です。研磨の練習や、白鞘製作の練習用に最適な一振です。研磨は細名倉からでよいと思います。

2.はばきは赤銅でありますが、現代の名人に依頼し作成していただいたものです。色上もさすがと思います。

脇差 会津道辰 拵付 白鞘あり

価格 21万円

売約済

商品番号
s0058
商品名
脇差 会津道辰 拵付 白鞘あり

登録

福島第38326号 昭和46年7月14日交付
種別
脇差
銘文
無銘
長さ
56.3cm 1尺8寸6分
反り
1.1cm
目釘穴
1個

鑑定書

なし
拵付き、白鞘あり
時代
江戸時代

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.刀は無銘(会津道辰)の貴重刀剣の認定書付きです。

2.鍔は無銘(奈良)の貴重小道具の認定書付きです。蔦扇図 鉄地本瓜形象嵌

3.白鞘は入子鞘になっており、手のこんだ鞘です。入子鞘は、刀身を直接収納する内鞘と、これを収める外鞘から構成され、内鞘の取りはずしが可能です。

4.拵えも立派であり、床の間に飾っておきたい一品です。

5.小刀(小柄)は付属しません。

刀 伊豆守源長吉 拵付

価格 28万円

売約済

商品番号
s0052
商品名
刀 伊豆守源長吉 拵付

登録

福島第9494号 昭和29年7月1日
種別
銘文
伊豆守源長吉
全長
1m1cm
刀長
2尺2寸8分 69.1cm
反り
5分5厘
目釘穴
1個

鑑定書

なし
拵付き、白鞘なし
時代
江戸時代

見所

 

 

 

 

 

 

 

半太刀拵え風の外装です。

刃紋はのたれ調で、おとなしい品のある太刀であると思います。

切羽は金着、はばきは銅です。

刃中に気になるほどではありませんが小さな鍛え傷があります。

研磨済みです。

平成23年8月 柄を新調しました。

鍔 丸型龍の図

価格 3万8千円

売約済

商品番号
s0033
商品名
鍔 丸型龍の図
種別
7.2cm
7.2cm
厚さ覆輪
0.50cm
厚さ切羽台
0.65cm
時代
江戸時代

見所

 

身幅(2.8mm)のある刀が入っていた鍔です。

海軍軍刀 太刀拵え

価格 7万6千円

売約済

商品番号
s0041
商品名
海軍軍刀 太刀拵え
種別
拵え
全長
約100.0cm
刃長
約68cm
つなぎ
模造刀
時代
昭和12年制定

見所

 

 

 

 

太刀拵えの海軍軍刀です。

鞘は鮫皮を使用しております。

No.190の揃い金具です。

刀身は模造刀ですので、登録は必要ありません。

脇差 「正次」

価格 48万円

売約済

商品番号
s0002
商品名
脇差 正次

登録

山形第47601号 平成10年9月21日 交付
種別
脇差
銘文
表「正次」、 裏 なし
長さ
1尺4寸7分2厘(44.6cm)
反り
3分3厘(1.0cm)
目釘穴
1個

鑑定書

なし
拵付き(龍の一作物)、白鞘なし
時代
江戸時代後期(新々刀)

見所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 正次は古備前「正次」初め数名の正次

 がいますが、天保ころの水心子正次では

 ないかと思います。

2 匂出来の互の目乱に足長く入る。

3 龍の一作造りで、鮫皮は親鮫使用して

 おります。

4 ハバキは素銅の一重です。

5 龍の一作造りの拵であり、ツナギを入れ

 て床の間に飾るとすばらしく映える拵えで

 す。

6 現在、鑑定書は取得しておりませんが、

 作風から水心子正秀門であると思われま

 す。鑑定が楽しみの一振りです。鑑定書

 がないため、特価と致しました。